« HESTRA HENRIK LEATHER MITT | トップページ | 天から送られた手紙 »

17/1/3 朝里川温泉スキー場

札幌はあまり雪が降ってなかったし、風邪の具合が悪いので様子見でゲレンデへ。

あやしいおじさんのリクエストで朝里川温泉スキー場の午前券で滑ることになったので、7時半に出発して5号線でスキー場まで。時間に余裕があるからとのんびり走っていたら、着いたのは8時半ちょっと前でほぼ予定通り。国道もまだ意外とボコボコしてるし狭いので、時間に余裕を見た方が良さそうだ。

センターハウスが建て替えられて新しくなったとまさりんから聞いていたのだけど、どう見ても以前と変わらない。どうやらまさりんの夢だったようだ。中ではたくさんのレーサーが準備をしていて、少しの間座ることもできずに待っていた。ようやく座って支度をしてると、あやしいおじさんもやって来て合流。

チケットを買いに行くと今度はチケット売場が混んでいる。ちょっと並んでから午前券を購入。13時まで4時間滑れる。とりあえず、一番近いレッドからリフトに乗って滑った。

2回ほどNTNを試乗したせいか変な癖が付いてしまったので、BCへ行く前にゲレンデで調整しようと、msrnにボールドを借りた。ビンディングはG3のタルガアッセントが取り付けてあるので、O1よりもバネが弱くてテレマークポジションが取りやすいはず。

image

実際に滑ってみると、さすがにもうNTNの変な癖は消えていた。タルガでも普通にテレマークターンができて感触はよかったのだけど、朝一ピステンにエッジがかからなくてずらすことしかできない。パープルまで上がって緩斜面で滑ったら、ようやくカービングできたけど、今度はワックスが剥がれてしまったのか、ストップ雪を滑ってるみたいに板が引っかかる。特に、外足のインエッジがヤバい。

朝里はリフトが遅くて寒いのでイエローを滑ってからいったん休憩。ホットココアとあやしいおじさんにもらったチョコで一息。隣で休んでいた外人さんがテレブーツを見て話しかけてきたけど、「お前もバックカントリースキーやるのか?」みたいな会話だけで終わってしまった。どうも英語で話すのが億劫になってしまってダメだ。日本語でも会話は苦手なので余計に。

身体が温まってから再びリフトに乗る。msrnが勧めるので、KEI-SKIにも乗ってみた。ロッテフェラーのコブラR8?が取り付けられているレース仕様?だ。サイドカーブもきつめでウエストが細く、長さも短いのでカービングがしやすい。

image

あやしいおじさんがコブを滑りたいそうなのでグリーンへ行ってみた。ラインへ入ってみると見た目より溝が深い。ピッチも長くて落差が大きい。テレで入ってみたものの溝に捕まり落差に身体が耐えきれずに潰れてやられまくり。2本目もがんばったけど、まともにターンできずに転んでばかり。身体も痛めてすっかり落ち込んでしまった。

グリーンで返り討ちに遭ってイエローへ退散。ここの緩斜面が心地いい。12時すぎまでここで滑って、ガスって視界が悪くなって来た頃、最後にレッドで締めた。最後の方にはKEI-SKIまでワックスが剥がれたのか滑りづらくなって、どうもmsrnの板は調子がいまいち。

帰りに久しぶりにクラッセホテルへ寄って五目あんかけ焼きそばを食べた。ホテルのレストランだけにB級グルメでありながら上品な感じがする。ボリュームは少なめな気はするけど、自分には十分な量だった。

image

|

« HESTRA HENRIK LEATHER MITT | トップページ | 天から送られた手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HESTRA HENRIK LEATHER MITT | トップページ | 天から送られた手紙 »