« 17/1/6 キロロリゾート | トップページ | 17/1/8 札幌国際スキー場 »

17/1/7 ニセコグランヒラフ

今年はVUCへ参加できないので、GLIDE ON GROOVEに初参加。

夜に予定があったので、試乗会のスタートと同時に試乗開始できるように、6時に札幌を出発した。最近は遠出してなかったので、暗い内から出発するのは久しぶりだ。銭函を走っている頃、ようやく空が白んできて早朝を実感する。

せっかく早く出発しても、毛無峠では某ガイドツアー参加者のトロい車とかに邪魔される。煽ってるわけじゃないのに車間をとってぴったりと走ると譲ってくれる。譲ってくれるのはありがたいけど、悪いことをしているような気がしてしまうのであまり後味が良くない。

倶知安へ入ると雪の少なさに驚いた。札幌近郊の山も雪が少なかったけれど、普段より1m近く少ないように感じる。これでは外人がキロロへ流れて来ても不思議ではない。

image

さすがにいつもより1時間も早い早朝は車の流れがよくて、ヒラフには8時に到着した。それなのに、駐車場にはすでにTKDくんがいてびっくり。信者も上には上がいる。

FLHQの弾蔵さんからスノボも試乗できると聞いていたので、テレブーツとアルペンブーツを持ってスノボで会場へ行くことにした。ゴンドラにみんなで乗り込み、上に着いてからちょっと移動すると会場が見えた。もう準備を始めているようだ。

image

9時スタートだと思っていたのが実は初日は10時スタートだとTKDくんから聞いて、まずは1時間滑ろうと思っていたけど、もう試乗していいそうなので、秋庭さんや永島さんたちに挨拶してから、早速それぞれ乗りたい板に乗る準備を始めて試乗会に一番乗り。

image

まず乗ってみたのはMARK Ⅲ 163。スノボの試乗は初めて。自分のバインディングを取り外して試乗板に移し替えるのだけど、これが結構面倒くさい。普段使っているゲレンデ用のミトンを忘れたので、山用の大きなミトンを履いていたのだけど、それだと細かい作業ができないので素手になるしかなく、指先が冷たくなるし、アルペンスキーの調整がスタッフにやってもらえるのとは対照的だ。

image

会場のすぐそばにキング第3の代わりに新設した速いクワッドがあるので、いいテンポでリフトで回して試乗できる。雪は少なくて深雪パウダーは試せないけど、基本的なカービング性能を試せる。どこのメーカーの板でもパウダーはそれなりに滑れるけれど、Vector Glideの板の良さはハードバーンでの安定性だ。整地や荒れたコースの方が適しているとも言える。

image

MARK Ⅲの後もいくつか試乗してみるけど、個々の板の感想については機会を改めてするとして、スノボの試乗板はGenius 168以外にないので、次はテレマークで試乗することにした。スノボブーツからテレブーツに履き替えてから、試乗してみたい板を探す。

最初に乗ったスキーはAVENTURA Soft-flex 185。テレマークを試乗する人がいなくてスキーバンドが付いたままだったけど、永島さんにビンディングも調整してもらってからクワッドに乗る。

image

その次は、OMNY TELEMARK 178?。長さ忘れた。この板からはビンディングは自分で調整。カートリッジ回すだけだけど。

image

試乗4番目は敢えてBUTTER KNIFE Standard 185。

image

テレマークの試乗板で乗ってみたい板はだいたい乗ってみたので、今度はアルペンブーツに履き替える。インソールも入れ替えるので面倒くさいけど、アルペンビンディングの調整はスタッフにやってもらえるので楽だ。この日5番目に試乗するのは、MAKE ST 180。

image

少し空いてきたので、この日初めて第4まで登ってみた。テレマークだと楽しくない斜度だけど、ちょうどアルペンでよかった。

image

続いて6番目はGENIUS 177。185以外乗ったことがなかったので乗り比べ。

image

お腹が減ったので、キングベルで軽く食べて少し休憩。マテリアルチェンジに結構時間がかかっているし、自分の板ではなく初めて乗る試乗板なので100%では滑らず探りながら滑っているせいか、思ったほど疲れていない。

休憩後は秋庭さんや永島さんたちと滑ることになったので、ミクジニアスと同じGENIUS 185に履き替えた。

image

秋庭さんはニューモデルの白いMASTIFFのカーボンモデル。これを試乗し損ねたのが残念。

image

13時半を過ぎてそろそろ帰らないと遅くなりそうだし、脚も疲れてきたので、スタッフのみなさんにお別れして下山することにした。下山するにもアルペンブーツからスノボブーツに履き替えて、ブーツをザックにしまってテレとアルペンの2足を背負ってスノボで滑り降りなければいけない。

コースは雪不足で笹や石が出てるし、午後でコブができていたりと難しいバーンだったけれど、そこはさすがピンテールのGENIUS 168。回しやすいので安全に滑り降りることができた。少しびびっていたけど。

image

駐車場でTKDくんと別れて14時にヒラフを出発して札幌へ向かう。温泉も昼食も諦めて家まで急いだら、2時間で帰宅することができた。ニセコでもこの距離、この時間だということを考えると、ますますカミフが遠く感じる。

初めての試乗会はとても楽しかった。初めて乗る板に自分の滑りを調整する面白さもある。試乗会は身体を使うのはもちろん、ずいぶん頭も使うものだと思った。スノボとテレ、アルペンと1日で乗り換えたのだから余計に。楽しいけど、あの板もこの板も欲しくなる危険なイベントだ。ベクター信者勧誘のイベントと言っても過言ではない。

|

« 17/1/6 キロロリゾート | トップページ | 17/1/8 札幌国際スキー場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 17/1/6 キロロリゾート | トップページ | 17/1/8 札幌国際スキー場 »