« 17/1/9 キロロリゾート | トップページ | Vector Glide Aventura Soft-flex 185 »

VG Snowboard MARK Ⅲ 163

GLIDE ON GROOVEで試乗した板のインプレッション第1弾。

GENIUS 168より乗りやすいと評判のMARK Ⅲ

image

こうしてGENIUSと並べても形はほとんど同じに見える。でも、テールはこんな形で、GENIUSのピンテールの先っちょにハサミで切り込みを入れたようだ。

image

なんだ、そうなのかと思ってテールを比べてみると、実はMARK Ⅲの方が案外広い。

image

この差が滑りやすさにどう現れるのか試乗して比べてみた。すると、これまでGENIUSではテールが抜けやすい印象があったのに対して、ターンの最後までしっかりとテールのエッジが雪面を捉えてくれるので、雑に滑ってもトゥーサイドと同じようにヒールサイドでもスムーズにターンを仕上げられる。確かに、これは安定していて乗りやすい。

でも、GENIUSの旋回性の良さが面白かったのに、それがなくなると逆に普通の板に思えてしまって、MARK Ⅲの良さが分からなくなった。Vector Glideの滑りの質はまちがいないような気はするけど、逆に個性が薄れているような気がする。

パウダーを滑ってないのでパウダーボードとしての性能はよく分からないけど、GENIUSよりも整地でも安定して滑れるパウダーボードのようだ。おそらくパウダーでもGENIUSよりも普通の板のように滑れるはず。Vector Glideの板に乗っているスキーヤーに初めてのパウダーボードを薦めるならMARK Ⅲだと思う。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【VECTOR GLIDE SNOW BOARD】Mark III 163 [2016-17]
価格:149580円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)

|

« 17/1/9 キロロリゾート | トップページ | Vector Glide Aventura Soft-flex 185 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 17/1/9 キロロリゾート | トップページ | Vector Glide Aventura Soft-flex 185 »