« Burton Covert Pant | トップページ | 17/4/15 札幌国際スキー場 »

素人リペア season 2

リペアキャンドルによるリペアはあきらめて、エポキシで再挑戦。

前回はお手軽に手っ取り早くスノーボードをリペアしようとリペアキャンドルで溝を埋めたら、案の定、ちょっと滑っただけで剥がれてしまった

そこで、今度はレジェンドの教えに素直に従い、エポキシで溝を埋めることにする。エポキシといえば、よく大学で使っていたのがアラルダイトだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

強力接着剤 [AR-S30] 1セット アラルダイト[R]
価格:630円(税込、送料別) (2017/4/12時点)


でも、ビバホームへ行っても売ってなかったので、仕方なく代わりにコニシのボンドEセットを買った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コニシ ボンドEセット 【エポキシ接着剤】 15gセット
価格:206円(税込、送料別) (2017/4/12時点)


とりあえず、まずは溝に残っているリペアキャンドルを彫刻刀で掘り出す。掘るのは3回目なので、溝はだんだん深く広がってしまった。余計、エポキシの接着パワーに期待。

image

2液混合タイプなので、クッキングシートを適当に切って、その上に2液それぞれ同じ量になるようにチューブから押し出す。2液の量が違えば違うほど、ちゃんと固まらなくなってしまうので、できるだけ同じ形になるように。研究室にいた頃が懐かしいw

image

そのあと、2液をしっかりと混ぜる。すごく濃い精液のようになる。臭いも似てる?

image

混ぜ終わったら、つまようじに絡め取って、溝に合わせて流し入れる。ドロッとしているので、溝の底にちゃんと染み込むようにしっかりと入れる。

image

はみ出てもいいのだけど、女々しいのでぴったり溝に収めた。

image

1日そのまま乾かすとちゃんと固まった。

image

まだ溝の部分がだいたい1mm弱凹んでいる状態。

image

もう一度同じ作業を繰り返して、今度は溝のところが盛り上がるくらいにエポキシを足してやる。

image

image

1日放置したら気泡も少し抜けてだいぶ硬くなったけど、カチンカチンというほどでもない。このまま滑って大丈夫なのかちょっと心配だけど、とりあえず、今週末試してみよう。

|

« Burton Covert Pant | トップページ | 17/4/15 札幌国際スキー場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Burton Covert Pant | トップページ | 17/4/15 札幌国際スキー場 »