« ブレーキパッドセンサー | トップページ | Parallels上のSnow Leopardのキー配列変更 »

SierraでPCキーボード

SierraにアップグレードしたらSeilが使えなくなったのでKarabiner-Elementsをインストールしてみた。

YosemiteではSeilを使ってPCキーボードの「変換」キーと「無変換」キーをそれぞれMacのキーボードの「かな」キーと「英数」キーに割り当てて使っていた。ところが、Seilへアップグレードしたら、割り当てが無効になっていた。Seilのエラーメッセージも出ていたので、不審に思ってSeilのサイトへ行くと、どうやらSierraではKarabiner-Elementsというプログラムに統合されたようだ。

とりあえず、このKarabiner-Elementsをインストールしてみたけど、そのままでは残念ながら使えない。Seilのときの割り当てを真似て、Karabiner-Elementsで割り当てしてみる。

Kepref

とりあえず、「変換」キーと「無変換」キーの割り当てはできた。でも、微妙にキー配列がちがう。そこで、Keyboard TypeをJISに変更すると正しく入力できるようになった。

Kepref2

OSのアップグレードをすると、純正以外のプログラム周辺でいろいろ不具合が出るのでやっぱり面倒だ。

|

« ブレーキパッドセンサー | トップページ | Parallels上のSnow Leopardのキー配列変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレーキパッドセンサー | トップページ | Parallels上のSnow Leopardのキー配列変更 »