« ステンレスフィルター | トップページ | 花粉症 »

17/5/20 三段山

絶景の三段山焼肉テラス。

再び焼肉ツアーの企画で、天気予報も良さげだったので、山菜採りの予定をキャンセルして焼肉ツアーへ参加することにした。かなり強引に決めたので、とりあえず、ツアーに集中w

実家へ前泊して車を借り、1人なので高速道路は使わない。出発を30分以上早めて、5時すぎに実家を出発。いったん自宅へ戻り、荷物を車に積み込んで5時半すぎに自宅を出発した。前回は6時半に出発して高速を通ってギリギリ間に合っているので、今回も大丈夫なはずだ。

しばらく下道で行っていなかったので、なんだか道路を間違えていないか緊張するけど、下道で帰るときの逆を素直に進んで順調に三笠を通過。山道も軽快に走って7時すぎには富良野まで来れた。かえって早すぎたかもしれない。朝の天気はイマイチだけど晴れることに期待。

image

広域農道を心もぴょんぴょんさせながらカミフを目指して行ったのだけど、雪がかなり減っていて不安になる。

image

白銀荘へはちょうどカズくんと同じタイミングで8:20に着いた。もちろん他のメンバーはまだいない。

しばらくいろいろ話して、それから板にシールを貼ったりしてる間にみんなやって来た。スーさんがいないのでコーヒーは飲まずに肉と野菜を分担したらすぐにハイクアップ開始。

1週間前と比べてもかなり暑い。風もないのでゲイシャツ1枚で十分だ。男だけのツアーなので、みんな露出度が高い。

image

雪がかなり減っているので、ピークは目指さずに木陰をつないで登っていく。日差しは強くて暑いけど、木陰は冷気が漂っていて涼しくてとても気持ちがいい。

でも、そんな快適なハイクもすぐに終わり、日差しに焼かれながらたんたんと登っていく。さすがに暑いので下はCW-X1枚になった。

image

幸い、登っていくうちに少し雲が出てきた。前十勝岳は噴気に混じった硫黄で雪が真っ黄色。

image

ともかく、雪が続いているところまで上り詰めて、そこからスキーを置いて稜線まで出る。ピークとはまたちがった安政火口を見下ろす絶景。

image

記念撮影をしてから滑り降りるはずが、「ここで焼肉しようか」という大西さんの冗談を誰も冗談と思わずにみんな賛成。焼肉会場の設営が始まった。

image

うっかり足を滑らせようものなら安政火口まで滑落する。崖から火口を見下ろすsokubeeがカッコよく見えたけれど、実はおしっこの場所探し。焼肉の後に大西さんと連れションしたけど、怖くてちぢみ上がって勢いよく出なかった。

image

設営を終えていよいよ焼肉スタート。相変わらずいその精肉店の肉はどれも美味いけど、この絶景を見ながらの焼肉がなんともいえない贅沢。三段山山頂も含め、これまでカミフで何度も焼肉をしてきたけれど、今回がまちがいなくベストを更新した。

image

うどんまで食べ尽くして腹が膨れたところで、スキーのところへ戻って滑走準備だ。1週間前にはウェアが汚くてずいぶん文句を言われたので、今回はまだあまり回数を着ていないきれいなウェアで滑る。

Ep5500602
Photo by sokubee

ところが、期待した滑りは今回もストップ雪で苦労させられる。走るザラメとストップ雪とのコンビネーションにやられて太ももはすぐにパンパンになった。でも、焼肉が最高だったので気にならない。

下山後はもちろん温泉へ入ったけど、露天風呂が熱すぎ。風呂上がりのソフトクリームは前回とちがってちょうどいいサイズ。

image

15時半くらいに白銀荘でみんなと別れて急いで帰る。晩ご飯の支度に間に合わせないと。来れてよかった。

image

|

« ステンレスフィルター | トップページ | 花粉症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステンレスフィルター | トップページ | 花粉症 »