« AK偵察 | トップページ | 「三刀流」 »

Marker Baron EPF 13

昨シーズンMarker Baron EPF 13を使ってみて、良し悪しがだいぶ分かったのでまとめてみる。

結論としては、滑りはいいがハイクはイマイチ。

Geniusをアルペンで乗るためにBaronを選んだ理由は2つ。1つはテックビンディングへ移行する予算がないこと。もう一つはAKBさんからTour 12を薦められなかったこと。

もちろん軽いに越したことはないけれど、テックビンディングへ移行するには対応するブーツも買い足す必要が生まれる。さすがにビンディングとブーツを一度の買う余裕はない。ブーツはそのままでも、せめてTour 12なら少しは軽いと思ったけれど、AKBさんに相談すると、剛性の面でBaronの方がいいと言われた。そもそもGeniusでの推奨はBaronかDukeだし、パウダー以外での滑走が一番の目的だったので、軽さは重視せずに滑りの安定性、信頼性を重視した。

Baronを使うのは実は2度目。K2 Pontoonで使っていたときは、板もビンディングも重くてハイクはそれなりに辛く、板に滑らされている印象があった。それでもバロンにしたのは、これまでGeniusが重く感じたことがなかったからだ。Geniusは軽いから、Baronでも大丈夫だろうと。

痛板セッション in 日勝峠
奥が昔乗っていたBaronが付いたPon痛oon。

でも、甘かった。ゲレンデで滑るには安定感があっていいけれど、バックカントリーでハイクアップするとなると、Baronはやっぱり重かった。パウダーのときだけでもTourにしたいと思ってしまう。

そして、残念だったのは、ツアーモードのときにトゥーピースが不安定な点だ。歩きやすくするためなのだろうけど、前にスライドして遊びがあるので、ねじれ剛性が低い。つま先ががっちりしていて捻れないO1とは対照的だ。ねじれやすくてエッジを立てづらいので、クラストした斜面で踵を蹴り込むと、クライミングサポートが倒れてしまってイライラする。滑りはよくてもハイクがイマイチだった。

image

登り易さを期待していたわけではないけれど、テレマークよりも登り辛いのにはがっかりだ。もしかしたら、マーカーとちがって、トゥーピースがスライドしないチロリアやアトミック、あるいはサロモンなら、ハイク時のねじれは気にならないのかもしれない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SALOMON 〔サロモンビンディング〕<2018>GUARDIAN MNC 13 S【送料無料】
価格:38800円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)


そんなわけなので、スキークランポンなしでクライミングスキンのみでギリギリの標高までハイクするつもりなら、DukeやBaronはあまりおすすめしない。滑りに関しては、MAKE BCならEPFじゃないTour 12でも滑りの問題は気にならなかったので、GeniusにmsrnのTour 12を取り付けたいところだけど、EPFとはビス穴の間隔が違うので仕方ない。やっぱり今シーズン、誰かから余っているTour 12を貸してもらって試そうかな。

|

« AK偵察 | トップページ | 「三刀流」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AK偵察 | トップページ | 「三刀流」 »