« Marker Baron EPF 13 | トップページ | 17-18シーズン »

「三刀流」

今、「二刀流」といえば大谷翔平。

左右両手に刀を持って戦う宮本武蔵の「二刀流」のように、プロ野球をまったく観ない自分でも知っている投打の「二刀流」で活躍する野球選手だ。

スキーでもアルペンとテレマークの両方で滑る場合や、スキーとスノボの両方で滑る場合も「二刀流」と呼ばれることがある。同じスキーという点でアルペンとテレマークは「二刀流」が比較的簡単だ。アルペンが上手ければ滑りの基礎ができているのでテレマークも上手い。それに対して、スキーもスノボも上手いという人はそんなに多くない。スキーヤーはスノボを避けるし、逆にボーダーもスキーを避ける。

そんな状況でも、アルペンとテレマーク、スノボの3つを乗りこなす人を「三刀流」と呼ぶことがある。「三刀流」というのだから、左右両手に加えてもう一つ刀があるということだけれど、両手の他にもう一つの刀といっても、自分にはちんぽ以外に思いつかないw

そこでググってみると、「ONE PEACE」という漫画の登場人物であるロロノア・ゾロというキャラがその「三刀流」らしい。といっても、ちんぽでなくて、もう1本の刀を口で加えて戦うそうだ。さすがに両手とちんぽで戦う変態ではなかったw

そんな自分も今では「三刀流」だ。初めはアルペン。次にスノボで最後にテレマークという順に滑るようになった。昨シーズンは「三刀流」らしく、どれも滑走日数が20日程度だった。ただし、スノーシューのラッセルが嫌で、スノボはほとんどゲレンデだったけど。

17547038_1200287673422244_613936471
photo by mikizo

17192281_992697677534084_1769058710
photo by taka

image

三つのうちどれがちんぽか分からないけど、いや、やっぱりスノボがちんぽか。いやいや、そもそも「三刀流」はちんぽじゃないw つい調子に乗ってちんぽを連呼してしまったけど、今シーズンは精進して真の「三刀流」を目指したい。

ちなみに、リスペクトするスノーボードレジェンド曰く、彼が認める「三刀流」はエトリックスらしい。エトリックスといえば、先シーズンはTAJの初滑りイベントで会長として登場したテレマーカーだ。

image

あまりに評判が悪くなって休刊してるテレマークスキー専門雑誌「SOUL SLIDE」にもエトリックスはよく登場していたけれど、実はスノボも上手いらしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソウルスライド(2016) Freeheel Skiing Magazine (SJセレクトムック)
価格:1730円(税込、送料無料) (2017/11/17時点)

数年前の動画の中でも、主にテレマークだけどスノボもアルペンも滑ると話している。残念ながら動画にはスノボやアルペンで滑るシーンは登場しないけど。

テレマークとアルペンの「二刀流」の村長が以前、相乗効果について語っていたときは、アルペンからテレマークへのフィードバックなんてないと思っていたけど、この間書いたように、「三刀流」をやってみたらそれぞれに相乗効果が感じられた。「三刀流」には通常の3倍の初期投資と維持費がかかるけれど、得られるものはとても大きい。スキー一筋、あるいはスノボ一筋よりも「二刀流」。「二刀流」でとどまってる人には、ぜひ試しにちんぽも鍛えてみて欲しいと思うw

|

« Marker Baron EPF 13 | トップページ | 17-18シーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Marker Baron EPF 13 | トップページ | 17-18シーズン »