« 金の斧 | トップページ | 斧の柄の補強 »

伝説の銘品か!?w

msrnの実家の斧は、果たして金の斧なのか?w

斧は錆が酷かった。刃は全体に錆が浮いて真っ赤っか。表面だけでなく内部まで侵食しているようで、表面がぼこぼこ凹んでいる。このままではさすがにひどいので、錆を落としてみることにした。錆を落とせば金の斧に生まれ変わるかもしれない?w

まずは、小さい方の斧。

IMG_9642

自転車のパンク修理用か何かに買って余った紙やすり180番でじょりじょり。錆が落ちて赤い粉がどんどん溜まる。結構、粉が舞うので、マスクをすべきだった。しばらくがんばっていると、ようやく金属光沢が少し戻ってきた。

IMG_9644

大きい方の斧も紙やすりで可能なかぎり錆を少し落とした。

IMG_9645

すると、何やら文字が浮かび上がって来た。もしや、伝説の銘品か?w

IMG_9647

やすりがけではもうきれいにならなくなってきたところで、事務所にあったマイティクリーニングワックスを使ってみる。


自転車の錆落としで使ったことがあったので、穴の空いた靴下でワックスを斧に擦り込む。しばらく磨いていると赤い色が落ちて、表面が酸化した鉄のような黒い色になった。

IMG_9646

とりあえず、ここまで赤錆が落ちれば、錆で服や車に色が移らなくなるので良しとした。新品のようにきれいするにはグラインダーとかで本格的に削らないといけないだろうけど、斧を飾るわけではなく、薪を割ることができさえすればいいのでもう十分。

ちなみに、サンポールを使うという荒技もあるらしいけど、怖いので今回はパス。

|

« 金の斧 | トップページ | 斧の柄の補強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金の斧 | トップページ | 斧の柄の補強 »