« Northern Star Lodge | トップページ | 18/1/1 キロロリゾート »

17/12/31 三段山

大晦日は最高の山日和。

ガスで真っ白な道路を白銀荘へ向けて進んで行く。もちろんカミフの山並みなんて見えない。近づくにつれて雲が薄くなってきて、空の青い色が分かるようになってきた。ほどなく雲はなくなり、目の前には青空に浮かぶ真っ白な山容と噴気が現れた。

IMG_0798

読みがあたって山は快晴。一気にテンションが上がる。大晦日なので白銀荘は空いている。三段山クラブからツアーのお誘いもなかったので、おそらくカミフにはいないはずだ。早々と支度を済ませて9時すぎに出発。降雪はほとんどなくて前日のトレースもあるので、ラッセルせずに楽に登れる。

IMG_0801

雲の下界から上がってきたので、振り返ると一面の雲海。ところどころにぽっかりと雪山の頂がのぞいている。こんなに素晴らしい天気、景色にもかかわらず、静かにのんびりと登れるのは気持ちいい。三段山にいるのは自分たちを含めても10人ちょっとくらいしか見つからない。

IMG_0802

IMG_0806

絶景の中を登っていく。標高を上げても風がまったくない。こんなに穏やかな三段山は初めてだ。

IMG_0807

11時半くらいには登頂。山頂はまさかの無風で、前日の富良野スキー場よりも暖かく感じる。昼寝でもしたいくらいだった。

IMG_0810

IMG_0812

IMG_0813

IMG_0816

IMG_0818

東面は風でパックされているので、西へトラバースして滑ることにした。沢筋には雪が溜まっている。カミフの雪にしては重いけれど、滑る分にはほどよく浮力があって気持ちいい。沢筋にはさすがにトレースが残っていたけれど、尾根の方には見当たらない。それならとノートラックを求めて滑り込むと大当たりだった。撮影のことも忘れてボトムまで滑り降りてしまい、撮影ポイントへの移動でずいぶん時間をロスしてしまった。

天気がよくてまだ13時前だったけれど、前日も滑っているし、いい天気と景色で満足してしまったので、すぐ下山して温泉へ入ることにした。白銀荘の駐車場へ戻ると、ちょうどノーザンスターロッジの加藤さんたちも下山したところだった。前十勝岳で滑っていたらしい。

露天風呂からの景色も素晴らしいのだけど、前十勝岳にはたくさんのシュプールが見える。結構人が入っていたのか、相当登り返したのか。

温泉から上がるとお腹が減っているので、ご飯を食べてから札幌へ帰る。前から気になっていたカフェごりょうは札幌へ帰る方向からはちょっと逸れるけど、せっかく大晦日でも営業しているようなので、足を伸ばしてみることにした。

IMG_0826

店内は素朴で落ち着いた雰囲気だ。テーブル席は一つしかなく、一人で来てカウンターで気軽にコーヒーを飲んだりできそうだ。

IMG_0830

肉と米が食べたかったけど、健康的なメニューばかりで肉がない。米だけでも食べたかったので、ストロガノフを注文した。しかも、ドリンクとスイーツ付きのセットで。

IMG_0831

IMG_0832

IMG_0833

カシスのチーズケーキが思いのほかボリュームがあってお腹パンパン。でも、美味かったのでスイーツセットにしてよかった。

IMG_0835

大晦日の夜に富良野から札幌へ向かう車は少ない。遅い車が走っていないので、札幌には7時前に帰ることができた。ノーザンスターロッジロッジの忘年会。快晴無風の三段山のおかげで素晴らしい1年の締めくくり。

|

« Northern Star Lodge | トップページ | 18/1/1 キロロリゾート »

コメント

素晴らしい天気でしたね!!
加藤さんからも最高だったと写真が送られてきました。
我々は宿でのんびりして、それもいい時間でした。
次回はみんなで登りたいですね^^

投稿: 部長 | 2018年1月 8日 (月) 00時09分

>部長

ぼくも最初は朝は宿でのんびりしようかと思ってましたが、たまたま1日目富良野スキー場へみんなで行くことになったので、あの絶景を楽しめたのは幸運でした。
宿でのんびりするか早く出発して登るか選ぶのはなかなか難しいですね〜
今度は一緒に登りましょう!
部長のおかげで楽しい忘年会でした。
ありがとうございます!

投稿: H本 | 2018年1月 8日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Northern Star Lodge | トップページ | 18/1/1 キロロリゾート »