« 18/2/19 さっぽろばんけいスキー場 | トップページ | Teton Bros. Tsurugi Jacket KB »

Mountain Hardwear Monkey Man Grid II Jacket

バックカントリー用に久々にフリースを買ってみた。

BCでは一応、レイヤリングは3レイヤーが基本なので、ベースレイヤーにメリノウールのシャツ、ミドルレイヤーにフリース、そして、アウターレイヤーにハードシェルを着るというオーソドックスなレイヤリングを行っていた。気温に応じてベースとミドルの厚さを変え、メリノのシャツもフリースも厚手と薄手の2種類を用意して調整している。

ただ、ハイクアップでは汗をかかないように、シェルを着ないことが多い。シェルを着るのは雪が降っているときや、風が強いときだけだった。ところが、今シーズンからはウインドブレーカーをフリースの上に着るようになったので、降雪でフリースが濡れる心配がなくなった。雪で濡れないミドルレイヤーを探してフリースを買うのをこれまでためらっていたけれど、その理由もなくなった。

だからといって、フリースをポンと買う余裕はない。何年かずっと秀岳荘でアウトレットやセール品を漁っているけれど、なかなかいいお買い得商品が見つからない。モンベルならいざ知らず、他のメーカーの厚手のフリースは定価2万円超えが当たり前だ。

これまで着ていた厚手のフリースは、ノースフェイスのフリースだけど、10年近く着まくっているので、かなり毛が抜けて下地が見えるほど薄くなっている。もう厚手とは言えないほどにw これだって秀岳荘セールで特価品を買ったけど、半額でも近い1万円以上した。

で、結局、悩んだ末に秀岳荘の店頭に1着だけ残っていたマウンテンハードウェアのフリースのセール品を買った。脇の下から横腹にかけては、毛足が短く通気性と動きやすさを上げているけど、ノースフェイスのは脇の下からさらに袖まで続いている。

サイズは一番小さいSだけど、試着したときにもちょっと大きめの印象だった。XSがあれば、そっちの方が合いそうだけど、XSは作られていないので仕方ない。そもそも店頭に残っていた1着だし。

着心地はすごくいい。肌触りがよくて、フリースってこんなに気持ちよかっただろうかと思ってしまった。ただ、裾が絞れるようになっていたりする分重い。軽さを求めるなら向いていないかな。でも、気に入ったので、もう1着ポチってしまったw

|

« 18/2/19 さっぽろばんけいスキー場 | トップページ | Teton Bros. Tsurugi Jacket KB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18/2/19 さっぽろばんけいスキー場 | トップページ | Teton Bros. Tsurugi Jacket KB »