« サーマレスト初体験 | トップページ | 18/4/30 キロロリゾート »

マツダレーダークルーズコントロールを試す

先日、久しぶりに高速道路を走ったついでにデミオのMRCCを試してみた。

ママンが乗るのでデミオはできるだけセンサー多目にしてある。いわゆる自動ブレーキ機能でスマート・ブレーキ・サポート(SBS)をメーカーセットオプションで取り付けたら、たまたまマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)も一緒に付いていた。高速道路にはそれほど乗らないから、全然興味がなかった機能だ。ところが、使ってみるとその便利さに驚いた。

IMG_1756

車速を一定に保つだけのクルーズコントロールは、もう50年以上も前から存在するらしい。20年くらい前にアメリカへ行った時におじさんが乗っていたランクルか何かにも付いていた。設定した車速で走っていて遅い車に追いついてブレーキを踏んだら解除されるという機能だった。

ところが、MRCCは遅い車に追いつくと勝手に減速して追従走行を始める。追い越そうと思って追い越し車線に出ると、設定した速度まで勝手に加速してくれる。ブレーキペダルもアクセルペダルもまったく操作しないで追い越すことができた。

ハンドルさえ操作していればいいので、例えば、下山後に足が疲れているときなんかはとても楽だ。ATはMTよりも楽だと感じたけれど、それがさらに楽になった。

でも、これまで高速道路が嫌いだったのは、単調で眠くなるからだ。どうしても高速道路を走る必要があるときは、眠くならないようにスピードを出すこともあった。MRCCを使うと運転は楽になるけれど、ますます眠くなるような気がする。下道でも眠くて我慢できないときは、さすがに休憩をとるけれど、高速道路ではSAでもないと休めない。

高速道路の運転が楽になるのはいいけど、楽になって眠くなるのは困る。ちょっとしたジレンマに陥ることになりそうだ。

|

« サーマレスト初体験 | トップページ | 18/4/30 キロロリゾート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サーマレスト初体験 | トップページ | 18/4/30 キロロリゾート »