« 高蔵寺ニュータウン夫婦物語 | トップページ | 7年目のスラックライン »

なつかしい未来のライフスタイル

前作の「高蔵寺ニュータウン夫婦物語」に続けて読んでみて、2冊を通して映画「人生フルーツ」の真実を知った気がする。

実は、この2冊から修一さんの文章を落として英子さんの文章だけを拾って、それに10年後の文章を加えて再編集した「キラリと、おしゃれ」という書籍も発行されている。2冊のサブタイトルには孫娘の 「はなこさんへ、『二人からの手紙』」とあったのに、「キッチンガーデンのある暮らし」へと変えられて。 ニーズに合わせて編集し直したのだろう。それでもAmazonのレビューの評価は両極端だけど。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キラリと、おしゃれ キッチンガーデンのある暮らし [ 津端英子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/6/19時点)


映画「人生フルーツ」の監督のインタビュー記事があるので一部を引用してみる。

こういう老後があってもいいじゃないか。そして生きてて良かったなと思えるような、一種のファンタジーとして描きたいと思って作りました。

「ファンタジー」かよw 映画を観たときに「素晴らしさ」ではなく嘘臭さを感じたのは無理もない。二人のスローライフにただ憧れている「ファン」が現実逃避するのは勝手だけれどw

今回読んだ「なつかしい未来のライフスタイル」の構成は、前作と同じく前後半が英子さんと修一さんで別れているけれど、今回は英子さんの方が分量が少ない。でも、英子さんの「スローライフ」が1年を通して紹介されているので、前作よりもずっとほのぼのとしていて「人生フルーツ」っぽく、「ファン」が喜びそうな内容だった。


二人が食べ物にこだわり始めたのは、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を読んでからなのだそうだ。自分も読むには読んだけれど、ここまで徹底することはできなかった。文学に造詣が深い英子さんは、書物から学んだことを生活に反映させる。修一さんに寄り添うだけの知性を感じさせる。それにしても、庭の竹を切って流しそうめんができるなんて、普通のキッチンガーデンからはぶっ飛んでいて、なんとも羨ましい話だw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

沈黙の春改版 (新潮文庫) [ レーチェル・ルイス・カーソン ]
価格:766円(税込、送料無料) (2018/6/22時点)


一方、後半の修一さんの文章は、自己紹介もなく前作にも増して淡々と持論を展開しながら鋭く社会を批判するので、英子さんの文章を読みたい「ファン」はきっとウザく感じるだろう。スペインで農村休暇が法制化される背景や、ヨーロッパへ広まっていく過程は退屈なんじゃないだろうか。「キラリと、おしゃれ」で省かれるのも無理はないw こういう姿こそ修一さんの本当の姿なのだろうと思ったけど。

でも、自分にはとても興味深く映った。都市の住民がバカンスで農村を訪れるアグリツーリズムは、確かに、都市と農村のどちらにとってもメリットがあると思った。北海道のファームインなども登場して身近に感じられるし、その価値に気づかされた。けれども、今の日本ではまったく逆の政策が進められている。バカンスなど夢のまた夢で、高度プロフェッショナル制度という名の奴隷制も始まろうとしている。ヨーロッパとは正反対だ。民泊新法が施行されたが、インバウンドばかりに注目が集まっていて、国内の都市生活者が休暇を農村で過ごして農業体験を行うような方向には議論が進んでいない。カジノ法案も同様で、まるで途上国のように金を落としていく外国人観光客にたかる国に日本はなってしまったのか。

最後の章で、修一さんを訪ねた女性が農村休暇に興味をもち、紹介された北海道で実習を行うエピソードが綴られている。もう20年も前のことなので今はどうなっているのか分からないが、新しい書籍にはその後の様子が載っているのだろうか。それが一つの希望に思える。

もう一つ、修一さんの話は、野生を取り戻すために通ったフレンチ・ポリネシアについてのものだった。写真からはヨットでのクルージングの自由時間の印象を受けるけれど、文章から伝わるのは植民地体制と核実験への強い抗議だった。再処理についての修一さんの見解が当時のものとして、福島原発の事故も起こり、今や核燃料サイクルの幻想は崩れ去った。亡くなる前に修一さんがあの事故をどう考えていたのか知りたいと思った。

津端夫妻の本を2冊読むことで、映画では知ることができなかった二人の本当の姿、特に、修一さんの考えに触れることができ、「なつかしい未来のライフスタイル」を支える思想も大まかに理解することができた。結果として、自分にはファンタジーというフィルターはやっぱり必要ないと思った。

実は、この本のカバーのそでに書かれた文章が気に入っている。

「ひとは自分のために生きる」と考えるのは、
一見、いさぎよくて偽善の匂いもしない。
しかし、それでは余りにも楽しくないし、むしろ虚しい。
「何かのために、誰かのために」おこなう具体的な行為が、
人生のうるおいと充実感をもたらす秘訣なのかも知れない。
これは、なつかしい未来のライフスタイルの美学だ。

編集者の言葉なのだろうか。津端夫妻のスローライフをただ真似るのではなく、この二人のように少しでも「何かのために、誰かのために」できる人生を送りたいものだ。偽善の匂いがするとしてもw

|

« 高蔵寺ニュータウン夫婦物語 | トップページ | 7年目のスラックライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高蔵寺ニュータウン夫婦物語 | トップページ | 7年目のスラックライン »