« チャリのタイヤが破けた | トップページ | ブユの恐怖 »

早朝のスラックラインは要注意

2週間ぶりのスララ。

前回は10mくらいをなんとかジャンプを繰り返して渡りきった。でも、得意な向き、スノボのいわゆるレギュラースタンスでしかジャンプを繰り返せない。そこで、今回は左右差を減らすことを目指して、同じ場所でジャンプを繰り返す練習をした。

でも、結局、ジャンプすらまともにできなかった。というのも、札幌にようやく訪れた暑さを回避するために早朝に公園へ来たために、ブユの猛攻撃を食らうことになったからだ。

朝早いため、ラチェットの音が民家にダイレクトに届くのを避けて、いつもと違う公衆便所の前にラインを張ったのもマズかったかもしれない。それに何より、いつもは虫に食われるのを防ぐ目的もあって、長袖長ズボンなのだけど、暑いのでこの日に限ってTシャツ短パンだったのが最悪だった。

IMG_2326

初めは小さな虫ごときと侮っていたが、1度目の休憩のときに脚を見ると、何匹も張り付いているのに気づいた。慌てて潰して脚から払い落とすと、肌の表面には食われた痕の赤い点があちこちに出来ている。蚊がいなくて油断してたら、小蝿と思ってた羽虫はブユだったのだ。

それでも5分やっただけで張り直すのも億劫で、まして帰る気にもなれず、そのままブユを払いながら30分くらい続けた。ところが、そんなことで集中できるはずがない。まともな練習にならず、目標には全然到達しないまま、帰宅することにした。

家でシャワーを浴びた後はまだ食われたばかりで酷くはなかった。けれど、昼前になるといよいよブユの毒が回り始めて、傷口の周りがボッコリ腫れだした。数カ所食われた程度ではなく、両脚で10カ所以上。みるみるうちに脚が一回り太くなった印象だった。毛深くても虫除けの意味ないしw

IMG_2327

野良仕事を終えて、夕方、長靴を脱ぐと、脚はパンパンに腫れている。痒いを通り越して痛いくらいだ。肌がビリビリしている。炎症で脚は熱をもっていて、暑さが増しているように感じる。何のために涼しい早朝にスララをしたのか分からない。

IMG_2345

今回の教訓としては、やっぱり暑くても虫に喰われないように、いつも通りグラミチパンツを履く方がいいと思った。生地が厚いので、上から蚊に刺されることも少ない。今年は山菜採りに行かなくて漆にかぶれずに済んだのに、まさかブユに喰われて同じくらい痒い思いをするとは想像もしなかった。漆によりはケアは楽だけど、思いのほか重症なので、寝るのも辛い。

|

« チャリのタイヤが破けた | トップページ | ブユの恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャリのタイヤが破けた | トップページ | ブユの恐怖 »