« ミクカラーのリムテープ | トップページ | シフトケーブルの交換 »

泥除けをはずす

少し細いタイヤに交換したら見た目が微妙なので泥除けをはずしてみた。

もともと履いていたタイヤのサイズはKENDAのたぶんKwest 20インチ(406)×1.75(37)というものだった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KENDA ケンダ KWEST 20×1.50 タイヤ
価格:2000円(税込、送料別) (2018/8/5時点)


今回交換したパナレーサーのminit Sは1.25(32)なので、5mm幅が狭い。


ただ、幅が狭いだけではなくて、どうも外径も一回り小さくなった印象だ。まぁ、幅だけ狭くなるわけはないので、考えてみたら当たり前なのだけどw

タイヤの交換が終わったらこんな感じ。

IMG_2387

タイヤが小さくなったせいで、フロントの泥除けとタイヤとの間の隙間が広がって、浮いているように見えるので微妙。泥除けは純正なので、やっぱりサイズはデフォルトのタイヤに合わせてあるのだろう。

調整できないか見てみたけれど、隙間が最小になるように取り付けられていて、むしろ、タイヤを大きくしても大丈夫なようになっているのかもしれない。

調整ができないので、この際、泥除けははずしてしまうことにした。雨の日には乗らないし、雨上がりにも乗ることは無さそうなので。実際、はずしてみると、この方がスッキリしていて速そうに見える気がする。

IMG_2388

しばらくは泥除けははずして乗ってみて、支障がなければこのままにするつもり。といっても、壊れたシフトケーブルを早く直さなきゃいけないけど。

|

« ミクカラーのリムテープ | トップページ | シフトケーブルの交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミクカラーのリムテープ | トップページ | シフトケーブルの交換 »