« 根切斧と木割斧 | トップページ | クラッシュ・オブ・ザ・イヤー2019 »

CX-5のリコール

確か5月に「リコールのお知らせ」という封書が届いた。

そのうちディーラーの担当から連絡来るかと思って放置していた。すると、2ヶ月くらい経ってから担当から電話がきた。

リコールの案内かと思ったら、担当が本社に異動して担当が変わるという連絡だったw

で、リコールは新しい担当かサービスへ連絡するように指示を受けた。

それから少し経ってからサービスへ連絡してみると、リコールの依頼が殺到していて予約がとれるのは、代車の都合で1ヶ月先らしい。そんなに先の予定まで把握してなかったので、予約はあきらめてリコールは延期。

お盆の前に再びサービスへ連絡すると、幸い、お盆開けに予約を入れることができた。2日間かかるので、朝工場へ持って行って、翌日の夕方に引き取ることになる。ちなみに、リコールの内容は吸気側バルブスプリングの交換制御プログラムの修正

Img_5465

予定通り車を預けて、翌日引き取ってリコールはあっさり完了した。もともと不具合があったわけでもないので、リコールの効果はまだ特に実感がない。

ただ、ちょっと腑に落ちないのが、リコールの届出の日付。平成30年11月8日。実はこの日、ディーラーでCX-5の契約をしたのだった。納車は11月22日。担当者にはディーゼルの不具合についてネットで確認した件を話していたけど、まったく問題ないと言っていた。このリコール届出を知らないというのもどうだろうか。

Img_2942

CX-5のディーゼルエンジンに関わるリコールはそれ以前にもある。バキュームポンプの交換等燃料リターンホースの交換等。これらは購入前に対応してあるのかもしれないが、正直、こんなにリコールがあるとは知らなかったので驚いた。

たまたまかもしれないけど、スバルでは2台、2003年から2018年まで15年間乗っていて、タカタ製エアバッグのリコールしか対象ではなかった。少なくともメーカーから通知が来たのはそれだけだ。ところが、生産から5年近く経過していて、エンジンにこんなに繰り返しリコールがあるとは。やっぱりそれだけクリーンディーゼルというのは難しいのだろうか。

走りは力強くて加速もよく、山道でも高速道路でも、市街地でも快適。大きさの割に燃費がいいし、長距離ではさらに燃費は向上する。普通に運転する分にはまったく不満を感じず、高い人気の理由を物語る素晴らしさだった。最低でもあと10年はこのままトラブルなしで動いて欲しい。

|

« 根切斧と木割斧 | トップページ | クラッシュ・オブ・ザ・イヤー2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根切斧と木割斧 | トップページ | クラッシュ・オブ・ザ・イヤー2019 »