« 06/5/4 余市岳 | トップページ | 萱野茂さん死去 »

芽登温泉

今日は祖母を連れて、母と温泉へ出かける。今日は雨で天気もあまりよくないので、あまり人出が多くないだろうと予想したからだ。ガイドブックを読んでいたら芽登温泉が良さそうなので、3、4時間で着くだろうと思い札幌を8:00に出発した。途中日高と鹿追の道の駅で休みを取ったことを除いて、芽登温泉まで直行した。それでもなかなか着かない。

やっと到着したのは13:00。280kmは走った。名物の釜飯を注文して、炊きあがるまでの時間に温泉につかりに行く。

硫黄泉のかけ流しの湯は温度もちょうど良く、露天風呂も冷たい空気が心地よい。大きな露天風呂は混浴で、女湯には専用の露天風呂があるようだ。全体的に湯船も洗い場もきれいに管理されていて気持ちよかった。お湯の性質か、お湯から上がってもずいぶん長い間汗が止まらなかった。体の芯から暖まる感じだ。

なかなか出て来なかった釜飯にやっとありつくと、とりあえず3種類食べ比べてみる。五目、山菜、あさりはどれも薄味で塩加減がちょうどいい。味にあまり違いは感じなかったが、強いて一番を選ぶなら山菜だろうか。ワラビが好きなので。

Img_6250

ちなみに、日帰り入浴は500円。釜飯はあさりだけ1,100円で、他は1,000円。札幌からの日帰り入浴は1日がかりだが、一度泊まってみたい温泉だった。

|

« 06/5/4 余市岳 | トップページ | 萱野茂さん死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芽登温泉:

» ず〜っと山奥の混浴露天風呂◆芽登温泉◆ [がんばるヤエちゃん(^-^)vのラーメン食べ歩記とみちのく温泉巡り]
芽登温泉‐北海道足寄郡足寄町芽登2979番地源泉名:芽登温泉泉温:58℃泉質:硫黄泉浴用の適応症:慢性間接リウマチ、神経痛、糖尿病ほか飲用の適応症:常習便秘、糖尿病、慢性気管支カタルほか入浴料:500円国道から細い砂利道に入って3キロ程走るとぽつんと一軒ある温...... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 13時11分

« 06/5/4 余市岳 | トップページ | 萱野茂さん死去 »