« ベアテの贈りもの | トップページ | 医療費個人負担増 »

アカい母の日

翌日になってから母の日だったことを思い出した。カーネーションの色にちなんだアカ(狩り)の映画に連れて行ったということで、今回はよしとしよう。本人もこの言い回しが気に入っていたようだし。

映画「グッドナイト&グッドラック」で、印象的な「色」がいくつか出て来た。red(共産主義者、共産党員)、pink(共産党シンパ)、yellow(卑怯者)。白人(white)がアカがかったらpinkになるのは分かる。じゃあ、日本人(yellow)がアカがかったら、いったい何色なんだろう?

それにしても、よく黄色人種(yellow)なんて言ったものだ。アジアに喧嘩売ってんのか、卑怯者だなんて。今頃になって、かつての(?)欧米のアジア人差別に気付く。肌の色なんてどうでもいいだろうに。仲良くしようね、みなさん。

|

« ベアテの贈りもの | トップページ | 医療費個人負担増 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカい母の日:

« ベアテの贈りもの | トップページ | 医療費個人負担増 »