« 07/3/20 ばんけい | トップページ | 07/3/24 札幌国際 »

薬師温泉

春分の日、3/21は山に行けなかったのでニセコの温泉開拓。薬師温泉には一度行ってみたいと思っていたけれど、今までたまたま機会がなかった。

真狩から見た羊蹄山は雲がかかっていたので、滑れないことをあまり悔しく感じなかった。昆布温泉をそのまま通り過ぎて、T字を五色温泉と反対に左折して少し走ると、道路の左側に薬師温泉の看板が出て来た。そこから2 kmほど細い道路を進んで行く。車がギリギリすれ違えるくらいの道幅。最後に下って行くと、左手に薬師温泉の建物が見えて来る。

P3210084
真狩から見た羊蹄山。

まず、温泉の向かいの建物で300円の入浴券を古くさい券売機で購入する。玄関から中へ入ると机の上にざるが置いてあって、その中に入浴券を入れる。

P3210089

混浴という濁り湯にまず入った。もちろん、混浴といっても漫画のようにかわいい女の子が入っているなんてことはない。湯船には男がふたり。洗い場もないので、湯をかけてすぐに湯船に入った。結構深くて底がゴツゴツしている。しかも、なんだか泡がポコポコと湧いて来ている。湯の温度は低めで、滑った後だと少しぬるく感じそうだ。でも、実はこの小さな泡が、身体を温めるらしい。洗い場もないし温いのでずっと浸かっていたけれど、身体がとても温まった。

せっかくなので、透明湯の方にも入ってみた。濁っていないものの、泡が湧いて来るのは濁り湯と同じだ。こっちも温度は低めだった。洗い場はあるけれど、シャンプーなどの備え付けはなかった。

場所がちょっとはずれているので、山に来て寄ることはあまりなさそうだ。でも、300円は安い。

|

« 07/3/20 ばんけい | トップページ | 07/3/24 札幌国際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬師温泉:

« 07/3/20 ばんけい | トップページ | 07/3/24 札幌国際 »