« 08/7/27 旭岳-北鎮岳2 | トップページ | 08/7/27 旭岳-北鎮岳4 »

08/7/27 旭岳-北鎮岳3

中岳分岐まではほとんどアップダウンがなかったけれど、北鎮岳へ向かうには少し登りが続く。それでも、ここまでは意外に疲れていはいなかった。靴が軽いせいか空が青いせいか。

北鎮岳分岐へ

メアカンキンバイ

比布岳

メアカンキンバイと御鉢平
標高が高くなるにつれて、御鉢平を見下ろすようになってくる。

裾合平
裾合平の方向には少し雲が出て来た。

北鎮岳
青空にどーんとそびえる北鎮岳。

ミヤマタネツケバナ
足下をよく見ると、小さなミヤマタネツケバナが咲いていた。

岩
登山道の横に巨大な岩が立っていた!?

北鎮岳分岐には、黒岳からもやって来る。それでも、旭岳よりはずっと人が少ない。

北鎮岳山頂を目指して

北鎮岳への登りでも、道端にはメアカンキンバイやイワブクロ、イワギキョウなどが咲いていた。綿毛のチングルマも残っている。

ミヤマリンドウ
イワギキョウとミヤマリンドウ。

北鎮岳の山頂には11:40に到着した。姿見駅出発から大体5時間。これでようやく折り返し地点と考えると、確かに遠い。とはいえ、空は快晴で北大雪の山々が見渡せるので気分爽快だ。去年登ったニセイカウシュッペ山もきっと見えてるんだろう。

北大雪を望む

御鉢平を一望
御鉢平を上から見下ろすと、大きなカルデラであることが一目で分かる。

雲が湧き始めた比布岳
鋸岳を経て登山道が続く比布岳には、山の向こうから雲が湧いて来た。

雲に隠れた旭岳
北鎮岳から旭岳を眺めようと思っていたけれど、雲に隠れてしまった。

キアゲハ
山頂ではキアゲハが飛び回っていた。

北海道第二峰に登頂
下山する前に記念写真。

北鎮岳の登山道は、結構岩がゴロゴロしていて、そろそろ足の裏が痛くなって来た。さすがに、登山靴に比べるとアプローチシューズのソールは薄くて、岩の上を歩くとツボが刺激される。登りはよくても下りは大変だった。

雲と青空とお花
青空とメアカンキンバイの黄色、エゾイワツメクサの白のコントラストがきれいだった。


曇ってしまう前に降りようと、黙々と歩く。

メアカンキンバイ
比布岳にも、滑れそうな雪渓がまだ残っていた。


青空を背に下って、中岳分岐までもう一息。

チシマクモマグサ
チシマクモマグサ。


お花いろいろ。エゾイワツメクサ、メアカンキンバイ、ジムカデ、イワギキョウ。

コマクサ
コマクサも辛うじてまだ咲いていた。

中岳分岐には12:50に戻った。みんな早く下山してしまいたいので、ここでは休まずにそのまま裾合平に向けて降りて行った。

|

« 08/7/27 旭岳-北鎮岳2 | トップページ | 08/7/27 旭岳-北鎮岳4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/7/27 旭岳-北鎮岳3:

« 08/7/27 旭岳-北鎮岳2 | トップページ | 08/7/27 旭岳-北鎮岳4 »