« やっぱり良かったゲイシャツ | トップページ | 19/2/3 余市岳 »

札幌市図書・情報館

去年からだったか一昨年からだったか工事が行われていたのを見ていたけど、確か去年の秋には完成して話題になっていた創世スクエアにできた図書・情報館へ今頃になって行ってみた。

建築も含めて芸術系の図書が多いと聞いていたので、調べ物をしようかと用事のついでに行ってみた。着いたのは昼前。1階をブラブラしていると名前を呼ばれたので驚いて見上げると、エスカレーターを上っていくアズマックスを発見w まさかこんなところで偶然会おうとは。

建物がどうなってるか分からないので、案内図を確認。ビルの作りなんかも見ながら、とりあえず、1階の図書館スペースへ入ってみた。司書が選んだ本がテーマ別に本棚に並んでいて、気軽に手にとって座って読めるようになっている。気になった本があったサッと目を通したけど、時間の都合で途中で切り上げる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

初音ミクはなぜ世界を変えたのか? [ 柴那典 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/1/31時点)

札幌市の図書・情報館だけに初音ミクがちゃんと紹介されていた。

エスカレーターを使って2階へ行くと、窓際のカウンターやテーブル席に陣取って勉強してる若者が多い。自分も学生の頃は何回か図書館で勉強したことはあったけど、人がたくさんいるところでは集中できない方なのでダメだ。

エスカレーターを挟んで反対側に図書・情報館のスペースがある。明るくゆったりしていて図書館というよりは書店に近い感じだ。去年できた江別蔦屋書店が暗くて図書館っぽいのとは対照的で面白い。

コレクションは確かにマニアックで、見たこともないような雑誌も置いてあって興味深い。オープンしたばかりのせいか蔵書が貧弱に感じるけれど、必要ならば市内の他所の図書館へ行けばいいだろう。

気ままに何冊か読んでるうちに1時間以上あっという間にすぎてしまった。借りて帰りたいものもあったけど、残念ながら借りれない。かといって書店ではないので買うこともできない。借りることも買うこともできない、図書館でも書店でもない中途半端な存在だ。もやもやした気持ちのまま帰らざるを得なかった。

|

« やっぱり良かったゲイシャツ | トップページ | 19/2/3 余市岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり良かったゲイシャツ | トップページ | 19/2/3 余市岳 »