« ドスコイターン | トップページ | キロカは死亡フラグだったのか… »

オガサカのスプリットボード

日本の工場で生産する純国産ブランド、オガサカのスプリットボードが実は前から出ていたらしい。

First Track / Facetという名前で、今年で3年目らしい。全然知らなかった。案外、評判も良さげだ。

インターフェイスは付属しておらず、チップ&テールクリップとフックのみ付属している。ただ、不思議なことに、チップ&テールクリップがボレー製なのに、フックはカラコラム製。クリップもカラコラム製でも良さそうなのに、滑走中にはずれやすいとあまり評判が良くないボレーのクリップをなぜ使うのか謎だ。

結局、自分はスパークのクリップしか使ったことがないのだけど、評判通りの作りの良さで、滑走中にはずれて板がバタつくようなことはまったくなかった。Voile製に不満や不安があるなら、ぜひSpark R&Dのクリップをおすすめする。

一方、フックはVoile製を使っているけれど、寒い山中では少しでもアクションを減らした方がいい、という意見を聞いたからだった。実際、Voileのフックは引っ掛けるだけで、他社のフックのような緊結のための仕組みがないので、板をくっ付けるときもバラすときも楽だ。ただ、滑ってるときの映像をGoProで撮ったら、板の間から雪がすり抜けてきているのが写っていたので、遊びが大きいとは思う。カラコラム製のようなソリッド感はおそらくない。自分の滑りにどれだけ影響するかは分からないけど、カラコラム製やスパーク製のフックを試してみたい気持ちはある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KARAKORAM SPRITBOADING [ ULTRACLIPS (ビスナシ)@10584] カラコラム スノーボード
価格:10450円(税込、送料別) (2019/11/2時点)

楽天で購入

つい話が逸れてパーツの話になってしまったけど、このボードもビス穴が貫通しているのはチップ&テールクリップのみで、他はインサートになっている。そのおかげでソールは凹凸がなくとてもきれい。今はそうした板が増えたとはいえ、スキー同様、滑りの良さを追求してそうなオガサカらしい。自分のスプリットは自作なので、ソールの凹凸が気になる。特にワクシングのときに。だから羨ましい。

インエッジもちゃんと入っているようだ。エッジがない自作スプリットでは、ガレ場やハイマツなどでソールの角が傷つくのが怖いけれど、インエッジが入っていれば、スキーと同じように気楽に歩けるはずだ。

動画は外人向けのPVに仕上がっている。これでトップシートのグラフィックを和風テイストにすればインバンド大喜び。

ちょっと気になったのは、板がまっすぐに割れていないとダメっぽいこと。自分の自作スプリットは微妙に曲がっている。

でも、正直、スプリットボードにそんなに高い精度を求めても仕方ないと思う。レジェンドは語っていた。「自分が好きなソリッドボードと同じスプリットボードで滑りたくなるものだ」と。

さて、5年くらい欲しい欲しいと秋庭さんに頼み続けても出なかったGeniusのスプリットボード。オガサカからスプリットボードが出ているなら、そろそろ来シーズンあたりはVector Glideからも最初のスプリットボードが出ないだろうか。トップシートなんてVector Glideの板と一緒じゃんw まぁ、出ても買わないけどね。すでに宇宙の真理に到達してしまったのだから。

Img_3451

|

« ドスコイターン | トップページ | キロカは死亡フラグだったのか… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドスコイターン | トップページ | キロカは死亡フラグだったのか… »