« Burton Throwbackと雪板 | トップページ | 19/12/5 札幌国際スキー場 »

ずいぶんと変わってしまったVUC

脱信者どころかもうアンチかと思えるほどディスってばかりのVector Glide。いよいよVUCもここまで変わったのかという驚き。

予兆を感じたのは、今年の夏にVector GlideのPVを見たときだった。

数年前にVector Glide Familyに加わった鈴木彩乃氏のPVかと勘違いしてしまうような動画。シーズンインの前、みんな早く滑りたくてソワソワしている頃に、なんでこんな動画が?そう思わずにはいられなかった。

スキー場のコースの整地を滑り、コース脇っぽい薄パウを滑り、って、そんなの見てもテンション上がらないでしょ。

一方、2011年に公開されたPVの「White Film」をまだ見ることができる。

White Filmのふかふかの新雪や、スティープな斜面を滑り降りる映像を見て、自分もこんな風に滑りたい、滑れるようになりたいと思ったものだった。初めてVUCへ参加した年、永島さんのパートを何度何度もも繰り返して見たのを思い出す。

White Filmは数名へのインタビューを含めた長編なので、単純には今年のPVとは比べられないけれど、当時のこうしたBCで滑るイメージから、今やスノーリゾートで乗る板としての転換を果たしたともとれる内容だ。なるほど、もう対象とする客層がすっかり変わってしまったのかもしれない。

そうした思いが確信へと変わったのは、このPVの公開後しばらくしてからVUC Asahikawaの案内を見たときだった。昨シーズン同様、今シーズンも欠席するつもりでいたのだけど、フライヤーを飾る写真がなんと、冒頭で紹介した今年のPVのワンシーンだったことに唖然としてしまった。旭川なのに浅川さんでもなければ、ユーザーの写真でもないのか?

VUCはもともと旭川で浅川さんが親しいユーザーと非公式で行なっていたイベントだと聞いたことがある。自分が初めて参加したのも、2011年に図々しく浅川さんに直接メールを送って参加申し込みのお願いをしたのだった。そうは言っても、友人が数名、前の年のVUCに参加していたからだったのだけど。

その数年後からはオープンな公式にイベントに変わり、「桜を見る会」ではないので何らかの枠があるかどうかは知らないけれど、定員に達した段階で申し込みの受付を終了するようになった。今年の受付も数日で早く締め切られたらしい。モタモタしていると参加もできない。ジャニーズのライブでもあるまいし。

ある年、VUCへ友人を誘ったときに「ゲレンデを一緒に滑るだけで、なんでそんなにお金かかるの?」と言われたことがある。現地への交通費や宿泊費、リフト券代は別。それなのに2日間で15,000円。傷害保険さえ各自で契約が求められる。しかも、滑るのはゲレンデ。参加者が多いので、クリニックでは待ち時間も長い。それでも参加するのだから、「信者」と呼ばれたり、「お布施」をしてると嘲笑されても仕方ない。

石井スポーツでの購入者はベクターライダーのクリニックに参加できると聞いた。VUCもそういう特典ならまだ理解できる。イオンも20日と30日はお客様感謝デーで5%オフだ。地元の工務店も感謝際を開催して建て主やその友人をもてなしたりしている。それなのに今のVUCは、VRCの会員に割引特典を提供するだけ。作り手は使ってくれることが喜びであり、すべてのユーザーへの「感謝」が感じられない。「なんでそんなにお金かかるの?」という感想に同意してしまう。

自分のまわりに信者がいたからこそイベントに参加できたし、参加していたけれど、はじめからこうしたことに疑問を感じ続けていた自分はそもそも信者ではなかった。信者のふりをしていただけだった。自分はVector Glideの信者ではなく、作る板が好きだっただけだ。もう無理をする必要はない。あとはひたむきに乗りこなすことを目指せばいい。切ないけど。

|

« Burton Throwbackと雪板 | トップページ | 19/12/5 札幌国際スキー場 »

コメント

 女性向けの板も豊富に展開していますからね、多くの女性にも購入して頂いて、まずはゲレンデでエレガントに滑りましょうね。ってPVに見えます。 
 もしくは、旦那さんだけ高い板に乗ってないで奥様の分もしっかり揃えてご夫婦一緒に板を所有して滑って下さいね。ってメーセッジですかね?
 そうしますと、H本さんご夫婦がPVに出るのが最も相応しいのでは・・・と、思ったりもしました。

 キャンプは、昔よりブランドの人気が出過ぎて人数が多くなり過ぎの為、無料でやっていたら対応が難しくなったのですかね?
ファミリーと言われるライダーさんが沢山居るならば、全国各地で沢山の格安キャンプでも開いてくれれば、全国各地のユーザーさんも有難いでしょうね。

 H本さんは、お知り合いの方々の沢山いらっしゃるので、VUCに参加しない場合。VUC不参加オフを知り合いの方々で開いて、意見を言いながら一緒に滑るのも楽しそうですね。
 

 

投稿: しーば | 2019年11月30日 (土) 12時48分

>しーばさん
PVはやっぱり上手い人がカッコよく滑ってなんぼでしょ。
ライダーが滑るのが当然。
ただ、ベクターの板を買う女性はライダーのように滑りたいとは思ってないだろうから
このPVのようにガツガツ滑ってる映像ってどうなんだろう?
もっとオシャレにリゾートを楽しんでる方がウケる気がする。

VUCはおそらく浅川さんのツアーとして始まったような気がするから、おそらく料金払ってたはずだよ。
古参ユーザーは今でも浅川さんのツアーを個人的に申し込んでいる。

以前、「てれまくり」ってテレマークのイベントに対抗して「てれまくらない」というイベントをやってる人は知ってるけどw
わざわざベクターユーザーだけでなんか集まる必要ないよ、面倒くさいwww

投稿: H本 | 2019年11月30日 (土) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Burton Throwbackと雪板 | トップページ | 19/12/5 札幌国際スキー場 »