« 20/2/8 ban.K | トップページ | Scarpa T2 ecoの前傾角度 »

20/2/10 なでこスネイク

軍曹たちを迎えてほぼ1ヶ月ぶりのなでこ。

軍曹はもちろん、sudoさんもはるばる遠くから来てくれるので、せっかくならアイコニックなところへ、という話もあったけど、さるさんがツアー後に皮膚科へ行く必要があるということで、近場へ行くことになった。それなら、ネーミング的にも軍曹が喜びそうな「なでこスネイク」へ行くしかあるまいw

1ヶ月も経てば積雪も増えているだろうと期待して、自宅を7時前に出発。平日なので道路は結構混んでいて、途中、寄り道もしなかったのだけど、駐車場に着いたのは一番遅くて待ち合わせの5分前。急いで支度をした。

中で軍曹と再会、sudoさんとは初めての挨拶を済ませてから、トイレに行き、シールを張っていよいよ8時半くらいに出発。

お帰りコースを逆進して尾根まで歩き、そこから先行者のトレースをたどる。どうやら白井岳へ向かってるトレースっぽかったので、途中で進路を変えてラッセルしながらハイクアップ。この深さのラッセルは久しぶりだ。途中、sudoさんと軍曹に交代してもらったからよかったものの、一人ではかなり辛かった。

Img_6803

ドロップポイントから見渡した斜面はまだ薮薮。一気にテンションが下がった。今年はダメかもしれない。仕方なく沢筋の薮が少ないラインを落とすことになった。

Img_6805

ファーストを滑り降りて偵察と下からの撮影をしたのだけど、薮が濃くて適当なラインを指示することもできない。撮影もフレームの中は薮だらけで、薮越しに滑るのが見える程度。これがメインの斜面ではあまりに酷い。

登り返して対面を滑ることにした。尾根を稜線まで登り、雪庇下を岩頭までつめる。積雪が少なくてうねっている様子は道北の斜面に似ている。ある意味、昨年末の幌加内で慣れていたので、案外楽しく滑ることができた。カメラで撮影していても、やっぱり薮がない方がみんなの滑りもいい。

Img_6806

トラバース気味に登り尾根に乗ってからは先行トレースを使って稜線まで登った。ここからは1本目のシュプールが見える。遠くから全景を見て分かることなので仕方ないけど、かなりもったいないラインどりをしていることに気づいた。雪が少ないときの情報を把握できたので、今後のライン選択に役立てて、今回の失敗を無駄にしないように心がけよう。

3本目は雪庇が小さかったので、上から入り込もうと思ったけど、みんながあまり気乗りしていない様子だったので、無難に斜面の上まで戻って、そこから各自滑りたいラインを選んで落とすことにした。

Img_6811

軍曹とsudoさんは自分と同じ面へ移動。msrnはいつもの面を滑るらしく、さるさんが付き合ってくれるようだった。今回も撮影のためにファーストで他の2人のラインを残すように奥へ回り込んで滑り降りた。ここもうねりはあるものの、結構斜度があって面白い。薮の手前で止まったけど、この日一番気持ちいいターンができた。二人も楽しそう。

ボトムまで先に降りた軍曹を追いかけてカメラを構えたのだけど、滑り降りてきたさるさんは林の向こう。完全にミスだった。msrnも同じラインで来そうだったので、つぼ足で必死に走ってさるさんのところまで移動すると、幸い、薮を越えるところからは撮影が間に合った。

また稜線まで登り返して車まで滑って帰る選択肢もあったのだけど、登りの薮が濃かったので帰りも大変なことが予想できた。1ヶ月前からそれほど改善されているように思えない。みんなと相談した結果、前と同じように標高をほぼそのままでトラバースして帰ることにした。

シールを張って登る支度をしながらみんなにバレンタインのチョコレートを食べてもらう。寒いので甘いチョコが美味かった。

多少のラッセルはあるけれど、登らないだけマシだ。寒いのである程度動いていた方がいい。汗をかいてきたのでレイヤリングの調整をしたタイミングでラッセルを交代してもらい、途中までそのままハイクして、最後はシールをはずしてデザート斜面まで移動。ここまで来るとホッとする。

みんなで最後の滑りを楽しんでから車まで滑って戻る。着いたのは14時半。寒い中を6時間とまずまずの行動時間になった。身体が冷えているので、皮膚科へ行くさるさんとは別れて、まずは朝里のクラッセホテルまであんかけ焼きそばを食べに向かったのだけど、なんと食事は14時半で終わりだった。14時半前なら1,500円で温泉とランチが食べれたのに残念。悔しいので温泉も800円するクラッセホテルではなく、600円でサウナもある武蔵亭へ行くことにした。

武蔵亭では温泉に入ってサウナにもしっかり3セット入ってととのった。みんなをずいぶん待たせてしまったけどw

サウナのあとにあんかけ焼きそばを食べに行こうと思ったけど、どこも結構昼休み。さるさん家に17時半すぎに寄ることになっていたので、時間的な余裕があまりない。最初はアルタイルまで行こうとしたけど、朝里のなるとで食べることにした。小樽のB級グルメのあんかけ焼きそばほどではないかもしれないけど、なるとも小樽の名物だ。

ザンギ定食が4人前テーブルに並ぶ。久しぶりに食べたけど、ザンギのボリュームがすごい。ご飯も多いけど、結局、ザンギ4個食べたらもうお腹いっぱい。1個はお持ち帰りにして、さるさん家へ向かった。

Img_6813

相変わらず迷った末に到着。幼女と弟くんもお出迎えしてくれて、あとから着いた軍曹たちも一緒に穏やかな団欒のひと時をすごす。ただ、さすがに疲れて眠かったし、夕食の時間だったのでしばらくお邪魔してから軍曹たちとも別れて帰った。サウナで温まって疲れも軽くなったとはいえ、眠気まではどうにもならない。撮影した映像を取り込んで編集してるうちに寝落ち。その日のうちのアップは諦めてベッドに行って寝た。

|

« 20/2/8 ban.K | トップページ | Scarpa T2 ecoの前傾角度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20/2/8 ban.K | トップページ | Scarpa T2 ecoの前傾角度 »