« 20/2/1 ban.K | トップページ | 20/2/8 ban.K »

20/2/3 キロロリゾート

まめあきさんが来てるそうなので、すしざんまいに混ぜてもらった。

キロロベースで天気がよかったらBCということだったので、ソリッドとスプリット両方用意した。実家に泊まっていたので、7時に家を出た。で、シールを忘れたのに気づいたのは、銭函付近を走っていた頃。

とりあえず、トモさんに連絡すると、午前中勝負ということでシールを取りに帰っている時間はない。諦めて見送るつもりでいたところ、古いシューを貸してくれるそうなので、お願いして持ってきてもらうことになった。

8時すぎにマウンテンセンターへ着いて支度をしていたけど、さすがに月曜日だけあって知り合いはいない。中も空いていていい。

Img_6719

トモさんがシューを持って来てくれたので、早速借りてマウンテンクラブへ移動した。でも、チケットは下でしか買えないらしく、1階に戻って購入。その後、入山届を出して、ゴンドラへ向かった。

ところが、すでに山は白い雲の中。雪もちらつき始めている。ゴンドラを降りるとますます天気は崩れて、とても晴れ間が出そうに見えない。残念ながらBCは中止して、滑り降りたらゲレンデモードにチェンジすることになった。

実際、ゴンドラの中で借りたシューをザックに取り付けていると、「パキッ」という音が聞こえて何かが落ちた。シューのストラップの金具だった。樹脂から割れて取れていた。自分には終了のサインが出ていた。

駐車場に戻ってシューを返したときにも、また「バキッ」という音がしてシューのパーツが割れて落ちた。もうダメっぽい。シューはストラップ周りの寿命が短いようだ。

Img_6720

みんなザックを車に置いて、たまたま車が隣だったイケメンくんはスプリットからソリッドにチェンジしていた。

Img_6721

改めてゲレンデモードでみんなで長峰へ向かう。まずはN2Aから。ピステの状態はよく硬くて滑りやすいのだけど、自分にはちょっと斜度がきつい。ビビってバックサイドでエッジがすぐに抜けてしまって転んでばかりw

Img_6723

一度だけCへ行った以外は、ずっとAを滑り、何本か滑っていたら、最後の急斜面のところでまめあきさんが転倒。誰も転ぶ瞬間を見ていなかったけれど、他の客が見ていて「Oh!」と声を上げて振り返ると倒れていた。少し様子を見ていても起き上がらないので、慌ててみんなで駆け寄ってボードを脱がせて助け起こして下まで連れて行く。立ち上がろうとするとフラフラして倒れてしまうので、両脇から支えて運んだ。相当強く顔を打ったようだ。記憶もないらしい。おそらく逆エッジだろうけど、やっぱり怖い。ヘルメットを被っていてよかった。

体調が心配なので、マウンテンセンターへ戻って休憩をとることになった。寒かったし昼時だったのでちょうどよかった。せっかくなので車に戻って前日焼いたチュイールを持ってきた。

Img_6725

休憩中にトモさんからありがたいととにレクチャーを受けた。軸をずらした方がいいらしい。バックサイドで身体が固まって何もできないまま倒れているので、身体を起こして膝から下を意識してコントロールした方がいいとのことだった気がする。

Img_6727

ちなみに、昼からは長峰へ行かずに余市の緩斜面を滑ったのだけど、レクチャーの効果はもちろんのこと、やっぱり緩斜面の方が身体を動かす余裕があることに気づいた。長峰では恐怖心で身体が硬くなっていた気がする。今の自分にはいきなり長峰は厳しいようだ。

みんなの滑り方を見て勉強しながら滑れるのはとてもいい。同じラインで滑ろうとすると練習になる。できないけどw

14時くらいまで滑るともう太ももがパンパンだった。寒くて温泉で温まりたかったけど、タイムズカードを忘れたので、かんぽの宿まで我慢して車を走らせた。ところが、悲しいことにサウナがなかった。今まではサウナのあるなしなんて気にしたことがなかったけど、楽しみにしていたのでがっかりだ。閉館する前に一度来たかったので来てはみたけど、次はないな。

|

« 20/2/1 ban.K | トップページ | 20/2/8 ban.K »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20/2/1 ban.K | トップページ | 20/2/8 ban.K »