« iPhone SE (1st generation)のバッテリー交換 | トップページ | 山菜シーズンスタート »

2020年のスラックライン

スノーシーズンがコロナの影響で早々と終了してしまったので、気持ちを切り替えてスラックライン。

スラックラインだってソーシャルディスタンスが必要なので、たくさんの人と一緒にやっては、早々と滑り納めた意味がない。でも、心配する必要は一切なく、結局、いつもの公園でぼっち。朝9時頃に行っても誰もいなかった。

Img_7291

しばらくして親子が遊具で遊びに来た。ベビーカーを押す母親も何人か来たけど、こちらへは近寄らない。

いつも通り30mのサーファーラインを15m強の長さに張って、歩くことから始めて基本の確認。毎年のこととはいえ、半年間のブランクをまったく感じさせない身体の反応に驚く。1回目からいきなりラインに乗って歩くことができた。

今シーズンはスノボの練習をずいぶんがんばったので、来シーズンにつながるオフトレを目指して、ちょっとスイッチスタンスというか、グーフィースタンスというか、苦手な向きを練習してみる。普段、スノボと同じく軸足の左足が前、右足が後ろの方がスラックラインも乗りやすいのだけど、逆に挑戦してみた。すると、そもそもが乗ることすらできないw 乗るところから練習した。

でも、これはかなり効きそうだ。こんな簡単なことだけど、難しさが面白さに変わる。

|

« iPhone SE (1st generation)のバッテリー交換 | トップページ | 山菜シーズンスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone SE (1st generation)のバッテリー交換 | トップページ | 山菜シーズンスタート »