« ミクピストルのインビス化 | トップページ | 10年目のスラックライン »

インビス化で使用するネジ

インビス化したスキーにビンディングを固定するには、インビスに合わせてM5(径5mm)のネジを使わなければいけない。

某ショップでインビス化してもらったときは、M5の皿小ネジで固定されていた。プラスドライバーで締め付けるネジだ。

ただ、なぜかネジの長さには2種類あった。10mmと12mm。Marker Baronは12mmだと長すぎるけど、Blackdiamond O1では逆に10mmだと心細い。

一方、インサートビスを買ったブルークリフでは、O1の固定用に皿キャップボルトが付いてきた。六角レンチで締め付けるものだ。ところが、長さが16mmで、長すぎてO1を固定できなかった。

仕方なく15mmの皿小ネジをホームセンターで買ってきて固定することにした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステンレス/生地 (+) サラ小ねじ (全ねじ)M5×15 【 バラ売り : 10本入り 】
価格:345円(税込、送料別) (2021/4/1時点)

楽天で購入


というのも、皿キャップボルトは16mmより短いのは12mmで長さは良かったのだけど、たまたまホームセンターでは値段が皿小ネジに比べて驚くほど高かったからだ。ステンレスの種類がちがうのか、なんと10倍くらい高かった。ネットではほぼ同じ価格のものがある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステンレス/生地 サラキャップ (全ねじ)M5×12 【 バラ売り : 10本入り 】
価格:367円(税込、送料別) (2021/4/2時点)

楽天で購入

確かに、皿小ネジより皿キャップボルトの方が強く締め付けることができるそうだけど、ビンディングの取り付けにはそんなに強く締め付ける必要はない。シーズン中に何度か付け外しするなら、締め付けがきつすぎても困る。よく分からないまま勢いでバカ高い皿キャップボルトを買わなくて済んでよかった。

今回のインビス化を通して、O1には15mmの皿小ネジが合うことが分かった。ネジが長い方が抜けづらいはずなので、ネジが抜けるトラブルのリスクは多少下がるにちがいない。もちろん、ネジのゆるみどめは使っているけど。

| |

« ミクピストルのインビス化 | トップページ | 10年目のスラックライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミクピストルのインビス化 | トップページ | 10年目のスラックライン »